WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【ローズS】ウィクトーリア上昇 栗東で調整し陣営「いい状態で行けそう」

 栗東に滞在して調整する関東馬ウィクトーリア(撮影・石湯恒介)

 「ローズS・G2」(15日、阪神)

 関東馬ながら栗東に滞在して調整しているウィクトーリアは11日、CWで併せ馬。メイショウヤクシマ(6歳3勝クラス)を3馬身追走する形でスタートし、道中はリズムを崩すことなく、徐々に追い上げる。直線に向かい軽く促すだけで、いったん抜け出すと、最後は持ったままで、相手が来るのを待って馬体を並べてフィニッシュした。

 6F83秒1−38秒3−12秒4。騎乗した土明助手は「順調ですね。先週は4コーナーでモタつくようなところがありましたが、今週はスムーズに4コーナーで加速してくれました。いい状態で競馬まで持って行けそうです」と確かな上昇を感じ取った様子。始動戦から力を出せる態勢が整った。

 栗東の水が合っている。「もともとカイ食いが細いところがあるのですが、こっちに来てからはよく食べている。何よりも水をしっかり飲んでいますね」と笑みを浮かべる。母ブラックエンブレムは同じように3歳秋に栗東滞在して、ローズSこそ道悪で15着大敗したが、良馬場の秋華賞でG1タイトルを手にした。娘が栗東滞在で覚醒しても、何ら不思議ない。

 「距離は1800メートルから2000メートルがいい。しっかり結果を出して、次に向かいたい」と力を込める。秋華賞には桜花賞馬、オークス馬が不参戦。ここで勝てば、本番での母子制覇の夢が膨らむ。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP