WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【香港マイル】インディチャンプ絶好調 国内制圧の勢いで海外猛者と腕試しだ

 日本のマイル王として挑むインディチャンプ

 「香港マイル・香港G1」(8日、シャティン)

 アーモンドアイが香港Cを回避したのは残念だが、それでもG1馬7頭を含む、9頭が参戦する。注目はマイルだ。春秋マイルG1を制したインディチャンプをはじめ、アドマイヤマーズ、ノームコア、ペルシアンナイトと豪華4頭出しで、15年モーリス以来4年ぶりの日本馬Vを狙う。

 15年モーリス以来、史上7頭目の同一年春秋マイルG1制圧。もはや国内に敵なしのインディチャンプが、満を持して海を渡る。

 マイルCSは完璧なレース運びだった。代打騎乗を務めた池添の好リードに、馬自身の充実度がかみ合ったのだろう。内々の4、5番手追走から、直線では先に抜け出した1番人気ダノンプレミアムをロックオン。最後は測ったようにかわし切った。

 「香港には強い馬がいるが、その馬と戦ってみたいね」。レース後、音無師が声を弾ませた。視線の先にあるのは香港マイル連覇中のビューティージェネレーション。地元の英雄的存在たるマイル王を、目下絶好調を誇る自らの馬で打ち倒す−。思わず武者震いだ。

 リスグラシュー(宝塚記念、コックスプレート)、ノームコア(ヴィクトリアM)、メールドグラース(コーフィールドC)、オメガパフューム(帝王賞)…数々の日本馬と大輪を咲かせてきた名手レーンの存在も大きい。

 月曜はシャティン競馬場で角馬場からオールウェザーをハッキングで1周した。生野助手は「硬くないですし、落ち着いていて順調です」と好ムード。頼れるV請負人に導かれ、新たな勲章をもぎ取ってみせる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP